地域のヒトが豊かな人生をおくるために集う学びと
チャレンジのプラットフォーム/まナビと大学
釧路商科専門学校経営戦略室で学校を地域コミュニティのハブとして再建しよう!
釧路商科専門学校経営戦略室で学校を地域コミュニティのハブとして再建しよう!
釧路商科専門学校経営戦略室で学校を地域コミュニティのハブとして再建しよう!
釧路商科専門学校経営戦略室で学校を地域コミュニティのハブとして再建しよう!
釧路商科専門学校経営戦略室で学校を地域コミュニティのハブとして再建しよう!
ABOUT US
釧路商科専門学校について
 
北海道の東の端の釧路市に
釧路商科専門学校はあります。
高校退学・不登校の子どもたちが
社会の一員として活躍するための
能力を養う専門学校です。
高等課程経理実務科を
設置している他、
職業訓練やパソコン講座などの
付属事業も行っています。
また文部科学省が後援する
「文章デザインコンテスト」に、
平成26年から4年連続で入賞を
果たした実績も持つ学校です。
 
現在経営難により
閉校の危機にあります。
閉校はすなわち、
在籍する生徒たちが路頭に
迷うことを意味しており、
岐路に立たされています。
 
昨年度末に理事長/理事の交代がありました。
 
そこで明らかになったのが、
6600万円の債務 でした。
 
2019年 3月、
関係者との調整の結果
 
生徒の卒業後(2021年4月)までに
学校法人を解散する。

 
という結論になりました。
       
       
       
専修学校の高等課の生徒は
普通高校への編入ができません。

この学校が閉校してしまうと生徒たちを、
中卒で社会に放り出す
ことになります。
 
2019年 8月。
3月の合意から半年で学校の
銀行預金の残高が0になりました。
来月の支払いが不可能なため、
2019/9、閉校の手続きに入る必要があります。

 
しかし、
生徒をこのまま社会に
放り出していいのか?
そして、
釧路地域にとって
とても大切だったこの学校の役割を
未来の子供達に残さなくていいのか?
この話を聞いて以来、
自分にできることは何かを考える日々でした。
       
      
自己紹介が遅れました。
私は相座聖美と言います。
釧路で生活困窮者/
生活保護受給者の就労支援、
学習支援、
シングルマザーの起業サポート,
シェアオフィス
/コワーキングスペースの運営を行う
会社を経営しています。
3人の娘を持つ
シングルマザーでもあります。
 
私たちはこの学校が
釧路にとって大切だと思っています。
そして、
在校生は絶対に卒業させてあげたい。
 
だから
この学校の経営を任せてもらうことにしました。
当面は自分たちで赤字を埋め、
閉校を回避します。
しかし、
私たちの経済力では限界があります。
どうか、
この学校を 皆さんの力で助けてください。
       
釧路商科専門学校 理事長/校長 相座聖美
 
ACCESS

お気軽にお問い合わせください

釧路商科専門学校
 経営戦略室

085-0048
北海道釧路市駒場町3番35号
mail@builders946.com
https://builders946.com
0154-22-3337
/fax:0154-25-3652
お問い合わせはコチラ